MENU

せともの祭2023 混雑状況や駐車場・アクセス?打ち上げ花火情報も!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

>>せともの祭に車でお出かけの方!満車が心配なら予約駐車場が安心です<<

せともの祭2023の混雑状況や気になる駐車場・アクセス情報について紹介します。

また、二日間開催されるせともの祭の初日に行われる打ち上げ花火についても詳しく紹介!

昭和7年に初開催して今年(2023年)は第92回となります。

瀬戸物祭りというだけあって、せともの大廉売市はもちろん、屋台や陶神オリバーヒーローショーなど多くのイベントもあります。

全国から大勢の人が訪れる、せともの祭2023に行く場合は、混雑予想や駐車場・アクセス方法等を確認してから行くことをおすすめします!

目次

せともの祭2023の混雑状況について

せともの祭は年々多くの人出が集まるようになり全国最大規模となった今、混雑状況は予想されます。

大人が楽しい「せともの大廉売市」や、子どもがワクワクのスーパー戦隊ショー、さらにみんなが楽しい打ち上げ花火もあるので例年の人出は34万人とかなり多く2023年もそれ以上の人出、混雑が予想されます。

大人から子どもまで楽しみにやってくるイベントは開催地の愛知県だけでなく全国の津々浦々から大勢の人出で賑わうこともありある程度の混雑は仕方のないところでしょう。

開催日程:2023年9月9日(土)と9月10日(日)の2日間
開催時間:9時~ ※イベント内容等により開始・終了時間は違います。
花火の打ち上げ:9月9日(土)のみ。18:30~18:45

せともの祭2023の混雑回避方法

せともの祭2023の混雑を少しでも回避する方法について紹介します。

一番混雑するのがお昼の13時~15時頃なので午前中に行くのがベストでしょう。

また、夕方になるとある程度、人出も減るので16時以降も混雑はさけられると予想できます。

ただし、初日(9日)に関しては18時30分から打ち上げ花火が上がるため、花火のみ見に来る人もいて18時前には再び混雑し始めるのが予想されます。

そのため、混雑を回避するには、18時前には移動した方が良いでしょう。

せともの祭2023の駐車場は?

せともの祭2023には、無料駐車場が8カ所に用意されています。

ただし、会場までは一番近い駐車場だと徒歩で約10分、遠い駐車場だと徒歩で約30分かかります。

会場周辺は車両通行禁止や車両進入禁止もありますから下記の交通規制も参考にして迂回してください。

一般車両無料駐車場

第1駐車場瀬戸市役所 150台 徒歩25分愛知県瀬戸市追分町64−1
第2駐車場窯神グラウンド 250台 徒歩10分愛知県瀬戸市東安戸町30−1
第3駐車場旧深川小学校 250台 徒歩10分 愛知県瀬戸市宮脇町52
第4駐車場文化センター 420台 徒歩10分愛知県瀬戸市西茨町113−3
第5駐車場南公園グラウンド 250台 徒歩10分愛知県瀬戸市西茨町113番44 南公園(都市公園)内
第6駐車場水無瀬中学校 300台 徒歩15分愛知県瀬戸市原山町1
第7駐車場陶原公民館 200台 徒歩15分愛知県瀬戸市熊野町98−98
第8駐車場瀬戸商工会議所 50台 徒歩30分愛知県瀬戸市見付町38−2

小学校・中学校は雨天時は駐車できないので注意してください。
9日~10日の2日間とも8時30分に開錠して20時には施錠します。

無料駐車場は8カ所にありますがそれでも混雑が予想されるので駐車場も満車になる可能性があります。

そのため、電車やバス等の公共交通機関でのご利用をおすすめします。

それでも

>>車で行きたい!でも満車は困る!という方は事前予約の駐車場が安心です。<<
支払いも事前に決済ができるので駐車場で慌てることがありません。

当日、現金がいらないので入出庫がとてもスムーズです。

せともの祭2023のアクセス方法は?

ここでは、せともの祭2023のアクセス方法について紹介します。

開催場所:名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」周辺及び瀬戸市内一円
所在地:瀬戸市山脇町12−1(尾張瀬戸駅)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次