MENU

沖縄全島エイサーまつり2023はいつ?混雑予想や駐車場・アクセス、花火や見どころについても紹介

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

>>沖縄全島エイサーまつりに車でお出かけの方!満車が心配なら予約駐車場が安心です<<

毎回沖縄県の内外から30万人が訪れるという「沖縄全島エイサーまつり」今年、2023年は4年ぶりに開催となります。

沖縄の伝統芸能であるエイサー、各地域ごとの青年会が家の前を練り歩くエイサーは子ども心に胸躍るものがありました。

その各地域の代表から選べれて参加するのが今年の『第68回沖縄全島エイサーまつり』です。

人気の高い祭りで例年も混雑していましたが今年は4年ぶりということでさらに混雑が予想されます。

そのため、事前の情報を知っておくことが大切!

今回は、第68回沖縄全島エイサーまつり2023はいつやるのか?

混雑予想や駐車場・アクセスについて、また花火や出演者など見どころについても紹介します。

目次

沖縄全島エイサーまつり2023はいつやるの?日程を紹介

4年ぶり開催ということで沖縄全島エイサーまつり2023がいつやるのか気になっている方もいると思います。

ここでは詳しい日程を紹介しますね。

初日道じゅねー
日時令和5年9月8日 18時30分~21時
会場沖縄市胡屋十字路周辺
中日第45回沖縄市青年まつり
日時令和5年9月9日 15時~21時
会場沖縄市コザ運動公園陸上競技場
住所沖縄県沖縄市諸見里2丁目1-1
最終日本祭
日時令和5年9月10日 15時~21時
会場沖縄市コザ運動公園陸上競技場

沖縄全島エイサーまつり2023は3日間の日程で行われます。

野外イベントですので開催は予定しておりますが悪天候の場合は延期になる可能性もあります。

沖縄全島エイサーまつり2023の混雑予想と交通規制は?

沖縄全島エイサーまつり2023は、30万人が訪れるうえに4年ぶり開催となるとかなりの混雑が予想されます。

初日の道じゅねーが行われる胡屋十字路周辺は元々沖縄の地元民や米軍基地もあり外国人も多く観光客も訪れるので普段から活気に満ち溢れている場所です。

さらに沖縄市はエイサーの街ですから人で溢れかえるのは予想出来るでしょう。

前回の2019年も道ジュネーのときは午後5~10時までの5時間、国道330号から胡屋十字路付近、そしてコザゲート通り、中の町なか通りにかけて交通規制が行われました。

今回(2023年)も交通規制による混雑・渋滞も予想されるの迂回路の必要があります。

2023年の沖縄全島エイサーまつりの公式サイトでは臨時駐車場及びシャトルバス発着所について詳細は決まり次第掲載いたします、ということなのでこちらでも内容が分かり次第、お知らせします。

沖縄全島エイサーまつり2023で駐車場

沖縄全島エイサーまつり2023を見に行くと車の場合はかなり注意が必要です。

それは渋滞や混雑の問題、そして駐車場があるか?という問題です。

公式サイトでは臨時駐車場(5ケ所)も予定しているようですが6月6日現在、今のところ発表はありません。

沖縄全島エイサーまつりが行われる沖縄市コザ運動公園は1,000台以上駐車可能な大型駐車場があります。

ただし、会場内にお客様用の駐車場をご用意しておりませんので、公共交通機関等を活用してくださいということでした。

となると1,000台以上ある駐車場は当日は駐車できないということですね。

会場周辺への違法駐車や迷惑駐車、またスーパーやコンビニもあるのでそこへの駐車も近隣住民へ迷惑さらに事故につながる恐れがあるため絶対にしないでください。

公共機関やこれから発表されることが予想される臨時駐車場に期待ですね。

>>沖縄全島エイサーまつりに車でお出かけの方!満車が心配なら予約駐車場が安心です<<

沖縄全島エイサーまつり2023のアクセス方法は

車:那覇空港→沖縄自動車道→沖縄南インターチェンジ降りて約1分。

バス:那覇バスターミナルから23・27・90番に乗り約60分、園田バス停で下車して徒歩で約10分

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次