MENU

夏の甲子園2023優勝予想!候補校やスポーツ紙戦力分析に注目選手は?

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

>>甲子園球場に車で行くなら満車で困らない予約駐車場が絶対安心です<<

夏の甲子園大会2023(第105回全国高校野球選手権記念大会)が8月6日(日)から開催されます。

各地区の予選を勝ち抜き栄えある甲子園大会に出場してきた高校球児たち。

これまでの汗と涙の結晶をこの聖地、甲子園球場で思う存分、躍動してください。

今大会(2023)では、優勝候補と見られていた大阪桐蔭高校が予選で敗退するという番狂わせもありました。

何が起こるか分からない夏の甲子園大会、今回は優勝予想と隙あらばね狙う優勝候補の高校も紹介。

また、スポーツ紙の戦力分析や注目選手もあわせて紹介します!

準々決勝の好カード
仙台育英 対 花巻東の勝敗予想!どっちが強い?佐々木麟太郎の成績は?

夏の甲子園大会の周辺の宿泊先はこちらから予約できます!

>>楽天トラベルで宿泊先を見てみる

目次

夏の甲子園大会2023日程

第105回全国高等学校野球選手権記念大会(夏の甲子園)

大会日程2023年8月6日(日)~8月22日(火)
但し3回戦2日目と準々決勝、準決勝の翌日の休養日含む
試合会場阪神甲子園球場
代表校数各地区予選優勝の49校
抽選会8月3日(木)14時
抽選会場フェスティバルホール(大阪市北区中之島2-3-18)
登録選手ベンチ入りメンバー20人

夏の甲子園大会が開催される日程は猛暑もある8月ですからね。

酷暑対策、熱中症対策のため、5回裏終了時に10分間のクーリングタイムが導入されました、水分補給・身体冷却をして身体を守ってください。

もちろん、グラウンドにいる選手たちだけじゃなく応援にかけ付けた方も真夏の応援席は座っているだけでも熱中症になる場合がありますので注意してくださいね。

夏の甲子園2023優勝予想!広陵高校

夏の甲子園大会2023優勝予想は広島代表の広陵高校と予想します!

広陵高校は今年の春のセンバツ甲子園大会、準決勝で山梨学院に1-6で負けてから破竹の14連勝中です。

春季広島大会優勝、春季中国大会優勝、夏の甲子園広島予選も優勝で目下敵なし状態。

14連勝中に半分近い6試合が完封勝ちという状況、打線も破壊力があるので接戦になったのは春季広島大会準決勝の崇徳高校戦で3-2、春季中国大会準決勝の岡山学芸館高校戦で1-0、夏の甲子園大会出場を勝ち取った広島大会決勝で広島商業高校相手に3-2で勝利した3試合のみです。

エースの高尾選手は完投能力もあり三振も奪える投手なので打ち崩すのは困難です。

投手と野手のバランスの取れた広陵高校は夏の甲子園大会2023優勝予想の大本命と言っていいでしょう。

頂点を目指す優勝候補校予想は?

夏の甲子園大会2023の優勝予想では広島代表の広陵高校をあげました。

ただ、広陵高校だけがずば抜けているというわけでその他の優勝候補予想をします。

履正社高校(大阪)

履正社高校は激戦区の大阪を勝ちぬいて甲子園出場のキップを手に入れた高校です。

甲子園大会での優勝しか狙ってない大阪桐蔭高校に決勝戦で3-0の完封勝ちをしたのはお見事でした。

大阪桐蔭のプロ注目の前田投手と履正社の福田投手との投げ合いは完全に福田投手の完勝でしたね。

福田投手はあの大阪桐蔭相手に9回3安打、7奪三振、自責点0という内容でしたからプロのスカウトの目にも十分止まったでしょうね。


履正社高校

選手名投球回打者被安打奪三振与四死球失点自責点球数
福田9回3337300115

大阪桐蔭高校

選手名投球回打者被安打奪三振与四死球失点自責点球数
前田8回3565432106
平嶋1回41000017

仙台育英高校(宮城)

宮城県の仙台育英高校は甲子園通算57勝42敗の強豪校です。

東北勢でなかなか甲子園優勝がなかったんですが、とうとう昨年(2022年)の夏の甲子園大会で仙台育英高校が初優勝を飾り始めて東北に悲願の優勝旗が渡りました。

昨秋からは新チームに変りましたが実力はかなりあります。

ただ、国体と明治神宮大会で大阪桐蔭に続けて負けたのが優勝予想の本命に出来なかったところです。

春季東北大会では惜しくも決勝戦で八戸学院光星高校に2-3の小差で負けましたが直近の夏の甲子園予選の宮城大会では相手を寄せ付けない強さです。

準決勝の東陵戦では5-1で勝利、決勝の仙台城南戦では18 -0の圧勝で甲子園のキップを手に入れました。

甲子園の優勝に手が届かなかった東北勢で初めて仙台育英が優勝し、2年連続出場です。

そして2年連続優勝のかかった仙台育英高校には優勝候補として予想します。

スポーツ紙の戦力分析

ここからは目の肥えた各スポーツ紙の戦力分析になります。

やはりスポーツ紙によって大きく評価が違うということはないですね。

まあ、逆に同じ高校で新聞社によって特AとCがあったら問題です。

地区学校名日刊スポ ニチ報知サン スポ
北北海道クラークCBCB
南北海道北海CBBB
青森八戸学院光星BBBB
岩手花巻東BBBA
秋田ノースアジア大明桜BCCB
山形日大山形BBCB
宮城仙台育英A特AAA
福島聖光学院CBCB
茨城土浦日大BBBB
栃木文星芸大付BBCC
群馬前橋商BCCB
千葉専大松戸BAAA
埼玉浦和学院AABB
地区学校名日刊スポ ニチ報知サン スポ
東東京共栄学園CCCB
西東京日大三BBBB
神奈川慶応AAAA
山梨東海大甲府BBBB
新潟東京学館新潟CBCC
長野上田西CBBC
富山富山商CCCC
石川星稜BBBA
福井北陸BBBC
静岡浜松開誠館BBCC
愛知愛工大名電BBBB
岐阜大垣日大BBBB
地区学校名日刊スポ ニチ報知サン スポ
三重いなべ総合学園CBCC
滋賀近江BBBA
京都立命館宇治BBBB
大阪履正社AAAA
兵庫BBBB
奈良智弁学園AAAA
和歌山市立和歌山BBBB
岡山おかやま山陽BBBB
広島広陵A特AAA
鳥取鳥取商CCCC
島根立正大淞南CBCB
山口宇部鴻城BBCB
香川英明BBBB
徳島徳島商BBBB
愛媛川之江BCCC
高知高知中央CBBC
福岡九州国際大付BABB
佐賀鳥栖工CBCC
長崎創成館BBBC
熊本東海大熊本星翔BBCB
大分明豊BABB
宮崎宮崎学園CBCC
鹿児島神村学園BBBB
沖縄沖縄尚学BABB


スポーツ紙が全てA評価の高校は5校でした。
その中でも広陵と仙台育英は特Aが各1つありましたね。

ただ、特Aの分析をしたのは両方ともスポニチでした。

スポーツ紙の戦力分析ですべてA評価の高校
  • 広陵高校・・・特A1つ、A3つ
  • 仙台育英高校・・・特A1つ、A3つ
  • 慶応高校・・・A4つ
  • 履正社高校・・・A4つ
  • 智弁学園・・・A4つ

夏の甲子園2023注目選手

夏の甲子園2023注目選手は、1年のときから常に注目されていた岩手代表、花巻東高校の佐々木麟太郎選手です。

183cm、117㎏の堂々とした体格が高校通算140本塁打というとんでもないパワーを秘めた大型スラッガー。

今回が2年の春のセンバツ以来の甲子園出場ですが勝ち進むには佐々木麟太郎選手の力が必要なんですよね。

今大会での花巻東高校の優勝予想は、ずば抜けて高いということはありません。

ただ、佐々木麟太郎選手パワーと岩手予選決勝で9回3安打17奪三振、無失点で完封した小松投手の力があれば長く花巻東の試合が見れるでしょう。

プロ注目の選手であり偉大な高校の先輩にはメジャーリーガーのエンジェルス、大谷翔平選手やブルージェイズの菊池雄星投手がいます。

この二人に負けない注目選手になって欲しいですね。

まとめ

今回の記事は「夏の甲子園2023優勝予想!候補校やスポーツ紙戦力分析に注目選手は?」でした。

気になる優勝予想は、広島代表の広陵高校を選びました。

また、広陵高校に次ぎにくる優勝候補校は大阪代表の履正社高校を選びました。

数年前までは近畿を制する者は甲子園を制すと言われていましたが今はそこまでではないですね。

絶対的王者だった大阪桐蔭がちょこちょこ負けるようになり大阪代表も簡単には優勝予想できなくなりました。

もうひとつの優勝候補は宮城県の仙台育英高校です、昨年の夏の甲子園王者ですね。

2年連続優勝が懸かっていますがどうなることやら。

注目選手は何と言っても花巻東の佐々木麟太郎選手は外せないです。

どでかいホームランを見せて来年はプロ野球で活躍しているかも知れません。

まあ、高校野球は何が起こるか分からない、だからこそ甲子園大会も難しいのですが。

スポーツ紙の評価はしっかり分析して決めたものですから大いに参考になります。

ただ、プロ野球と違って最初で最後の甲子園出場という選手もいるわけですからね。

緊張したりすると思わぬエラーが出たりします。

でも、それもプロではないのだから高校球児ならではのことです。

スポーツマンシップに則って若者らしく正々堂々と頑張りましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次