MENU

結婚指輪の割り勘は悲しい?贈り合うという考えもありです

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

結婚する相手が決まれば嬉しいはずですが結婚指輪が割り勘となると素直に喜べなくなってしまいます。
あ、買ってくれないんだ、悲しい。

昔は結婚指輪は男性が買って渡すものというのは一般的でした。
でも今は必ずしもそうでないケースもあります。

もちろん男性に経済的な力があるなら買うのは当然なんですが高額ですからね。

今後、一緒に生活するとなると現段階で全額男性が払うと結果的に生活に支障をきたす場合があります。

男性側から割り勘を申し出るのか、女性側から割り勘を申し出るかによって考え方は変わってきます。

本当に結婚指輪が買えない男性なら割り勘という言葉ではなくお互いに贈り合うということにしましょう。

そうすれば彼女も悲しいという気持ちは薄れませんか?

目次

結婚指輪の割り勘が悲しいという心理

女性は小さい頃から将来は花嫁さんになる夢を見ます。

その時に見る夢の中で結婚指輪を渡される夢も見たでしょう。

ただ、そのときはけして割り勘で買った結婚指輪じゃないですよね。

割り勘で買わないといけなくなった時点で悲しい気持ちになるのは分かります。
理想と現実のギャップというやつです。

結婚するにあたって恋人同士でずっと付き合っていた相手です。

多少なりともある程度の彼氏の経済状況といか懐具合というのは予想出来なかったでしょうか?

厳しそうだけど結婚指輪くらいは買ってくれると思っていましたか?

でも、たかが”結婚指輪くらい”って言えるほどの金額ではないですよね。

結婚指輪は以前は給料の3ヶ月分と言われていました。

ただ今の不景気な状況で給料の3ヶ月分はかなりキツイ男性も多いはず。

25万の給料でも3ヶ月分だと75万ですからね、それに自分の指輪も合わせると100万円を余裕で超えてしまいます。

それでも現実的には今はそこまでじゃなくて10万から20万ほどで購入されている方も多いようですね。

女性の方も好きな相手ですから悲しいけどあまり無茶なことは言えないので10万程度で良いから買ってもらいたいという気持ちもあります。

女性の心理としては値段じゃなくて好きな人から買ってもらったという事実が欲しいということです。

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

結婚指輪が割り勘だと悲しいというのは偽らざる気持ちかも知れませんが結婚するに当たってはもうひとつの指輪があります。

それが婚約指輪ですね。
でもそもそも婚約指輪と結婚指輪の違いって何でしょうか?

婚約指輪と結婚指輪は、それぞれ読んで字のごとく「婚約」と「結婚」を意味する指輪になります。

婚約指輪は、あくまで男性が結婚相手の女性に贈る指輪で、女性がこれを受け取れば「婚約します」という意味になります。

また婚約指輪は、二人が結婚を意向していることを示す証として、男性が相手の女性に贈るものです。

結婚指輪は、男女のお互いが挙式を挙げてから正式に夫婦となったとき、お互いに贈られる指輪です。こちらは結婚したことを証するものとして用いられます。

本来は指輪なんてなくてもお互いが信じあい、愛し合って協力できれば指輪なんていらないかも知れません。

であれば男性目線から言うともっと実用的なものが欲しいかも知れないですね。

スポンサードリンク

結婚指輪の相場は2人でどれくらい?

結婚指輪の相場は、2人のお金の使い方や好みによって違ってきます。
お金はかけずにシンプルで気に入るデザインの結婚指輪を選ぶカップルもいれば、値段も高価で装飾が豪華な結婚指輪を選ぶカップルもいます。

今現在、結婚指輪の相場として普通は2人で50万円前後から100万円前後とされています。
ですがこちらの相場はあくまでも目安でしかなく実際は恋人同士でお互いの好みや予算に応じて違う場合もります。

また、結婚指輪は素材やデザインによっても値段は異なるのは当然で結婚指輪を選ぶ時は、自分たちが購入できる範囲で選ぶことが大切です。

結婚式の費用を抑えるにはどうする

二人の門出にはお金が付き物、指輪だけの問題ではありません。

結婚式を挙げるにもかなり費用がかかります。
できるだけ費用を抑えることができればその分、結婚指輪に回せるかもしれません。

まずは挙式をあげる場所を節約するところから

  • 小さめの会場や、自宅や友人宅で挙げることでかなり会場代を抑えることができます。
  • レストランじゃなくてカフェやバーでも結婚式パーティーが出来るので料理代を抑えることができます。
  • 結婚のブライダルプランをしっかり選ぶことで結婚式の全てをセットで提供する会場やサービスを利用、そうすると費用を抑えることが可能です。
  • 招待客を厳選して減らすなど、結婚式を小規模にすることで、費用を抑えることができます。
  • 料理はデコレーションなどは自分たちで手伝うことによって手間がかける費用を抑えることができます。

このように結婚式は、しっかり予算を決めることで費用をおさえることが可能となります。

また結婚式に関しては余裕ももって計画・予算をたてる必要があり、そうすることで計画通りに進めることが可能となります。

まとめ

今回の記事は「結婚指輪の割り勘は悲しい?贈り合うという考えもありです」でした!

結婚は決めたけど結婚指輪が割り勘だと悲しいから結婚はしないという女性はいないでしょう。

割り勘にしないといけない状況というのは交際中から男性を見ているとある程度は分かっていたのではないでしょうか?

彼氏の方が独身時代に働きもせずにずっと遊んでいたり金遣いが荒い人ならそもそも結婚に至らなかったでしょう。

しっかり働いていて金遣いも荒くないけど何らかの理由で結婚指輪の全額払うのは厳しいという男性はやはりいます。

その時は相手の気持ちも汲んであげてお互いに贈り合うという方法が一番ベストではないでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次