MENU

隠れ左利きの特徴とは?メリット・デメリットや活かし方も紹介

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

>>眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話 特別な感性と選ばれし才能の秘密とを大解明!  楽天

自分は隠れ左利きだと思ったことはないですか?

日本人は圧倒的に右利きが多いですが実は隠れ左利きの人も結構多いんですね。

そこで今回は隠れ左利きの特徴について紹介します!

また、メリットやデメリットに隠れ左利きの活かし方についても紹介します。

>>> 左利きあるある右利きないない はこちら!  楽天

目次

隠れ左利きの特徴とは?

あなたは、普段は自分は右利きだと思っていませんか?しかし、実は左利きである可能性もあります。

ウソ?と思うかも知れないですが可能性としては普通にありえます。

「隠れ左利き」とは、日常生活では右利きとして過ごしているが、実は左利きの部分がある人のことを指します。

隠れ左利きは、左利きの割合が右利きの約10%であるのに対し、約20%とされています。つまり、隠れ左利きは、私たちの周りに意外と多いということです。

隠れ左利きの特徴

隠れ左利きの特徴は、以下のような特徴があります。

  • 食事や箸の持ち方

隠れ左利きの人は、食事や箸の持ち方において、左利きの特徴が見られます。例えば、箸を左手で持って、右手でお皿を支える、フォークを左手で持って、右手でナイフを使う、といったことがあります。

  • スポーツや楽器の演奏

隠れ左利きの人は、スポーツや楽器の演奏において、左利きの特徴が見られます。例えば、野球やテニスで左打ち、サッカーやバスケットボールで左利きシュート、ギターやピアノで左利き用楽器を使う、といったことがあります。

野球の場合は、左打席の方がファーストに一歩近いということで本来右利きでもあえて左打ちにする人もいますよね。
まあ、そうとうな努力が必要になりますけど。

  • 日常生活における動作

隠れ左利きの人は、日常生活における動作においても、左利きの特徴が見られます。例えば、左手でペンや鉛筆を持って文字を書く、左手で時計を見る、左手でドアノブを回す、といったことがあります。

>>>左利きあるある右利きないない はコチラ!  楽天

隠れ左利きのメリット・デメリット

隠れ左利きには、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 右利きの世界に適応しやすい
  • 左利き特有の能力が発揮される可能性がある

デメリット

  • 右利き用のものを使うときに不便を感じる場合がある
  • 左利きであることに気づかれずに、誤解される場合がある

隠れ左利きの診断

隠れ左利きの診断は、以下の方法で行うことができます。

  • 利き手診断テスト

利き手診断テストは、以下の項目について、左手で行うことができるかを確認する方法です。

  • 箸を持つ
  • フォークを使う
  • スプーンを使う
  • ドアノブを回す
  • ペンや鉛筆を持つ
  • 時計を見る
  • 脳波検査

脳波検査は、脳の左右の活動を調べる方法です。隠れ左利きの人は、左脳の活動が右脳よりも活発であることが多いです。

隠れ左利きの人は、自分自身で気づかないことも多いです。しかし、隠れ左利きの特徴に当てはまる場合は、隠れ左利きの可能性を検討してみるとよいでしょう。

隠れ左利きのメリットを活かす

隠れ左利きの人は、右利きの世界に適応しやすいというメリットがあります。そのため、仕事や勉強で右利き用のものを使う際にも、不便を感じにくいです。

また、左利き特有の能力が発揮される可能性もあります。例えば、芸術やスポーツ、音楽などの分野で、左利きであるということが有利に働く場合があります。

隠れ左利きのデメリットを解消する

隠れ左利きの人は、右利き用のものを使うときに不便を感じる場合もあります。そのような場合は、左利き用のものを使うとよいでしょう。

また、左利きであることに気づかれずに、誤解される場合もあります。そのような場合は、周囲に左利きであることを伝えておくとよいでしょう。

まとめ

隠れ左利きは、日常生活では右利きとして過ごしているが、実は左利きの部分がある人のことを指します。

食事や箸の持ちスポーツや楽器の演奏、日常生活における動作などに左利きの部分が出てしまう。

隠れ左利きの人は、右利きの世界に適応しやすいというメリットがある一方で、右利き用のものを使うときに不便を感じる場合もあります。

本来右利きとして日常生活を送っているのでどうしても自分自身で気づかないことも多いです。

しかし、隠れ左利きの特徴に当てはまる場合は、隠れ左利きの可能性を検討してみるとよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次