MENU

同棲の物件が決まらない!おすすめ探し方や審査に落ちたときの対処法は?

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

愛し合っているカップルは同棲していつも一緒にいたと思うのは自然の流れです。

お互いの気持ちが同棲したい!となったとき思わぬ障壁が・・・

いざ、二人で不動産をまわり同棲する物件を探してもなかなか決まらないことがあるんですよね。

気持ちは一刻も早く一緒に暮らしたい。

でも納得のいく物件が決まらないってそうとう悲しすぎます。

そこで今回は、同棲したいのになかなか物件が決まらないカップルのために、おすすめの探し方や審査に落ちたときの対処法を紹介します!

目次

同棲したいのに物件が決まらない場合の探し方

同棲したいと思っているカップルにとって、物件がなかなか決まらない、見つからないという状況はストレスを引き起こすことがあります。

ここでは二人の愛の巣を築くため、おすすめの物件の探し方を提案。

  • 二人の目標を共有する。
  • 物件探しを広げる。
  • 決まらないなら短期間の仮住まいを考える。
  • 相手の意見を尊重する。

二人の目標を共有する

まず、カップルが共有する目標を明確にしましょう。
どの地域に住みたいのか、どのような物件を探しているのか、家賃や家具・家電にどの程度の予算をかけられるのかを共有しましょう。

それにより、お互いが望む物件を見つけることができるようになるかもしれません。

物件探しを広げる

物件探しを広げてみることも重要です。不動産会社やエージェントだけでなく、インターネットの物件検索サイトやSNS、知人・友人にも相談してみましょう。

自分たちで探す範囲を広げることで、希望に合った物件が見つかる可能性が高まります。

決まらないなら短期間の仮住まいを考える

同棲するための理想的な物件が決まらない場合は、短期間の仮住まいを考えることもできます。

例えば、Airbnbやゲストハウスなどの施設を利用することで、一時的な住まいを確保することができます。それにより、物件を探す時間を確保できるかもしれません。

相手の意見を尊重する

最後に、相手の意見を尊重することが重要です。物件探しはお互いに妥協が必要となります。互いに譲り合いをしながら、希望に合った物件を探しましょう。

同棲するための物件探しはいつからがいいの

同棲するための物件が決まらないというのは問題です。

ただ、一般的には同棲するための物件探しはいつからがいいのかについても紹介します。

同棲するための物件探しは、引っ越し予定日の約2〜3ヶ月前から始めることが一般的です。

この時期に探し始めることで、希望する物件が見つかった場合でも、引っ越し日までの余裕を持って手続きを進めることができます。

また、早めに探し始めることで、自分たちが求める条件に合った物件を見つけやすくなる場合があります。

ただし、地域や物件の種類によっては需要が高く、早めに探し始めないと希望する物件が見つからない場合もあります。

そのため、できるだけ早めに探し始めることをおすすめします。また、不動産業者や物件情報サイトなどを利用して情報収集をすることも重要です。

スポンサードリンク

同棲の物件探しに疲れたときの対処法は

同棲の物件探しは、すんなり決まらないとストレスだけどんどん溜まります。

それだけ大変な作業ということですね。

同棲の物件探しで歩きまわり身も心も疲れた場合の対処法を紹介します。

疲れたときの一番対処法はもちろん休憩をとることです、早く決めたい気持ちは分かりますが焦ればあせるほど決まらない状況に陥ることがあります。

そんなときは一旦、十分な休息ををとる必要があります。
身体の休息だけじゃなく一度物件探しを忘れて外出してリラックスすること、そして好きな趣味があればそれを楽しむことでリフレッシュすることができるでしょう。

あと、毎日朝から晩の日が暮れるまで物件を探して決まらないと本当に本当に滅入ってしまいます。

なのでおすすめなのは同棲の物件を探すのも目標を立てるということです。

物件探しで歩きまわるのであれば目標を立てて、その目標に向かって進めることでモチベーションを保つことができます。

どういうことかというと例えば、

1日に訪問する物件数
ある程度条件に合う物件を見つけたら一旦休憩する

など、二人で話し合い目標を設定してから進めていくと良いです。

同棲で物件審査が決まらない、落ちたらどうする?

同棲するためには物件の審査というのがあります。

入居したい物件が見つかっても審査に落ちたらいつもでも物件は決まらないので注意が必要です。

同棲するための物件審査に落ちた場合、次のことを考えてみましょう!

  • 物件の審査に落ちた原因を確認する。
  • 保証人を見つける。
  • 賃貸保証サービスを利用する。

物件の審査に落ちた原因を確認する。

物件審査に落ちた原因を確認することが重要です。物件審査が決まらない原因には、収入やクレジットスコア、前の賃貸物件での履歴などが影響する場合があります。

審査に落ちた原因を確認し、改善する方法を探ることが大切です。

保証人を見つける

物件審査に落ちた場合、保証人を見つけることで、審査に合格する可能性があります。

保証人とは、自分たちの代わりに賃貸契約を保証してくれる人のことです。保証人を見つけることで、審査に通過する可能性が高くなります。

賃貸保証サービスを利用する

賃貸保証サービスを利用することも考えられます。賃貸保証サービスとは、賃貸契約を保証してくれるサービスで、保証料を支払うことで、審査に通過しやすくなります。

保証料はかかりますがそれで同棲が出来るなら物件が決まらないという悩みから解消されます。

以上のような方法を試してみることが大切です。また、不動産業者に相談することで、より適切なアドバイスを得ることができますよ。

まとめ

二人の意見が同棲したいということで一致しているのになかなか物件が決まらない!

まさに二人の愛を邪魔するものがいる感じですね。

今回は、わりと多くのカップルの悩みである同棲したいのに物件が決まらないという切実な悩みについてでした。

おすすめの物件探し方や、やっと物件が見つかっても審査に落ちた場合の対処法も紹介しましたので晴れて二人の愛の巣を完成させてほしいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次